自分が描いたイラストを刺しゅうしたくて 刺しゅうミシン ブラザー parieを買いました

自分が描いたイラストを刺しゅうにしたい!

アイロンプリントやシルクスクリーンを使ってグッズを作成しているうちに、いろんなやりたいことが増えてきてしまいました。

たとえば、白や黒じゃなくてもっとカラフルな布のポーチに印刷したいとか、ファスナーもカラフルに!とか、ワンポイントに刺しゅうを入れてみたいとか。

シルクスクリーンで布に印刷をして、それを裁縫することもできるのでは?!と。

手刺しゅうはしたこともありますが、如何せん時間があまりないのです。でも!刺しゅうがしたい。

できるだけ手っ取り早く、作りたいものを形にしたいのです。

ミシンで好きなイラストを刺しゅうをするためには、刺しゅうができるミシンと、刺しゅうデータを作成するためのソフト、PCが必要ということだけはぼんやりと知っていたので、ちゃんと調べてみました。

先に結論を書きますと、ブラザー「刺しゅうPRO10」と、ブラザー「parie」で、自分の描いたイラストを刺しゅうにすることができました。

自分が描いたイラストをparieで刺しゅうしました

自分が描いたイラストをparieで刺しゅうしました

刺しゅうができるまでの過程は、また別の記事にまとめますので、ここからの内容は、検討した履歴と思ってご覧ください。

刺しゅうPRO10をMacで動かす 自分が描いたイラストの刺しゅうデータを刺しゅうPRO10でつくる

刺しゅうミシンについて

刺しゅうミシンについて調べてみましたが、ブラザーとジャノメがメジャーな様子。

刺しゅうミシンは業務用・家庭用を調べてみました。

業務用は何千万という世界ですが、家庭用でも最上級のものは70万円くらいします。

まず予算を決めました。

自分が一番使うものがMacBookPROとして、次がWacomの液晶タブレット Cintiq Pro 16になります。

両方とも高額ですが、だいたい7-8年は使うし、どちらも毎日使うので元は取れている気がします。

刺しゅうミシンと刺しゅうソフトについては未知数な部分があるので、もしかしたら全然使いこなせないという可能性もあります。

ミシンについては私が使いこなせなくても家族が使うこともあるのでムダにはならないと考え、ひとまず刺しゅうミシンと刺しゅうソフトの合計で20万円以内とします。


刺しゅうソフトについて

フリーソフトでデータを作成することもできるようなのですが、調べれば調べるほどカオスな内容。

調べる時間・試す時間を考えて、これはソフトを購入した方が効率がいいなという結論になりました。

私はAdobe CCを契約しているので、刺しゅうソフトに読み込ませるための画像はphotoshopやillustratorで作成します。

あとはその画像を刺繍ミシンで使える形式に変換するためのソフトが必要になります。

ざっくり調べてみましたが、ほぼwindows対応であることがわかりました。

刺繍ソフトでメジャーなものは「ブラザー 刺しゅうPRO 10」と「ジャノメ デジタイザーMBX V5」のようでした。


ジャノメ デジタイザーMBX V5

デジタイザーは業務用刺しゅうミシンを使用している方に利用者が多いようでした。

だって、値段もすごい。ほぼ20万円です。ソフトだけで予算が消えます。

機能的にはすごいかもしれないけれど、ごめんなさいお財布がそれを許さない…。

参考 ジャノメ デジタイザーMBX V5JANOME

ジャノメ(JANOME)社製刺繍ミシン専用ソフトウェア デジタイザーMBX

価格:199,800円
(2018/12/15 23:25時点)
感想(0件)


Embird 2016

参考 Embird 2016ミシン館

調べると出てきた外国製の刺繍ソフト。

世界中の60種類以上の刺しゅうフォーマットに対応、20社以上の刺しゅう機メーカーを網羅しています。

データサイズ編集<拡大縮小/ステッチプロセッサー(自動糸密度修正)>

データ分割編集<1つのデータを分割できる>

1針ごと(針落ちポイント)のデータ編集

柄データ表示機能<サムネイル表示可能>

柄データ印刷機能<ステッチデータとして印刷します色順・詳細付>

柄データ変換<各種のフォーマットに変換する>

機能も十分っぽいし、値段も21,384円で安い!!Macはもちろん対応してませんが、windows10も対応していない模様。

検索してもあまり使用例がなくて、ちょっと難しいのかなあと保留。

刺しゅうPRO10

69,800円は高いといえば高いけれども、Adobeのソフトをバージョンアップするごとに課金をしていたのを思うと、それなりのような気がします。

予算が20万円なので、ソフトで7万円として、13万円をミシン本体に使うことができます。

ここでミシンはブラザーで探そうということに。

参考 刺しゅうPRO 10Brother

スキャンカットの時もそうでしたが、やはりブラザー…このソフトもMacには非対応です。

スキャンカットの「キャンバスワークスペース(web版)」はParallels Desktop 14にwindows10をインストールした環境で動作したので、多分、刺しゅうPRO10もいけるんじゃないかなという自己責任で購入しました。

もしダメだった場合は安いwindoesマシンでも買えばいいじゃない!?ソフト本体より安いよ!!っていう。

ソフトが届くまで少し緊張します。


刺しゅうができるミシンを決める

刺しゅうができるミシンですが、刺しゅうPROがブラザーのため、ブラザーの刺繍ができる家庭用ミシンの中からミシンを選ぶことにしました。

Innovis VF1

参考 Innovis VF1brother

刺しゅうができる家庭用ミシンで最高峰が、このInnovis らしいです。

刺しゅうができる大きさも、機能もめちゃめちゃすごい。

「渡り糸自動カット」ですが、この機能がついてるのとついていないので、刺しゅうの楽さがまったく違います。

お金に余裕があれば、「渡り糸自動カット」がついている機種を選ぶといいと思います。

ブラザー parie

参考 ブラザー pariebrother

予算内で買える刺しゅうミシンで、これがいいんじゃないの?と思ったのが、ブラザーParieでした。

10cm×10cmの大きさの刺しゅうができて、パソコンで作った刺しゅうデータも使用することができます。

ブラザーには同じような価格帯の刺しゅうミシンが他にもあったのですが、キャラクターの刺しゅうデータとかは必要ないしなということで一番シンプルな構成のこのparieにしました。

parieにあらかじめ収録されている刺しゅうパターンが25種類あるのですが、刺しゅう作家のatsumiさんが作成されたデータということで、シンプルですがとてもセンスのいいものばかりになっています。

ブラザーさんのサイトで、刺しゅうデータはほしいデータを1つづつ購入することができるので、刺しゅうデータを自作しない場合でも十分に刺しゅうが楽しめる!と思います。

参考 Heart stichesブラザー

刺しゅうミシンについては初心者なので、まずは一番手軽にはじめられるものをと思いました。

最初にいいのを買うといいという意見もありますが、さすがに趣味で70万はポーンとは出せません。

Parieは刺しゅうミシンの中でも値段も比較的リーズナブルで、最初のミシンとしてはかなりおすすめできます。


刺しゅうミシンに必要な副資材

忘れてはいけない副資材が、刺しゅう糸と接着芯になります。

刺しゅうミシン専用ミシン糸

ブラザーの刺繍ミシンに適しているミシン糸は「ウルトラポス」という糸になります。

他のリーズナブルな糸を試してみましたが、この「ウルトラポス」がいちばん綺麗に刺しゅうできてしまったので、このウルトラポスを使用するようにしています。

セットによって、糸の光沢など色の傾向が違いますので、刺しゅうしたい絵柄に合わせて購入してください。

ウルトラポス39色セット

ウルトラポスは発色性と光沢がある刺しゅう糸です。

ウルトラポス23色セット

ウルトラポス23色セットは、ウルトラポス39色セットから厳選した色を集めたものになります。

カントリー40色セット

ナチュラルな素材に合う、ツヤを抑えた刺しゅう糸が、カントリーになります。

ウルトラポス肌色ライト系5色セット

キャラクターを刺しゅうしたいときに便利な、肌色系刺しゅう糸セットもあります。
これらはセットに含まれてない色になります。

【ET077】シェルピンク【ET170】グレイッシュブラウン【ET132】ハイライトピーチ【ET183】ライトブラウン【ET165】くるみ色

おまけ

JANOME IJ521

参考 IJ521JANOME

スマホやタブレットの専用アプリ「dot Customizer」を使って、刺繍ができる!!という刺しゅう専用ミシン。

psdデータなどの読み込みができればめちゃめちゃアリじゃない!?と思って調べてみたのですが、そこまでの機能はないようです。

こちらのアプリに収録されているデザインのものを、好きな大きさや配置できるもののようです。

「AcuSketch」というiPadアプリを使えば、自分の描いた絵が刺しゅうデータにできます!ということでしたが、どちらかというと手書きのイラストを刺しゅうするという設定のようで、イラストソフトで自分で作成したイラストを刺しゅうするというものではないようでした。

できればもうちょっと複雑なことがしたいので今回は見送ることにしました。